ピラティスとは
ジョセフ・H・ピラティスが、第一次大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発したエクササイズがそもそもの始まりです。ヨガや太極拳などのエッセンスを取り入れ、1,900年代初めに考案されました。元々リハビリのために開発されたプログラムですので、体に余計な負担をかけません。ピラティスで鍛えるのは、身体の深部にある背骨や骨盤を支える筋肉がメインです。身体の芯(コア)の筋肉を鍛えられることによって、身体の歪みが改善され、全身のバランスが良くなります。ピラティスを続けると、筋肉が柔らかく柔軟になるため、体つきもしなやかになります。

ヨガとピラティスの違い
まず呼吸法に違いがあり、ヨガは腹式呼吸で行いますが、ピラティスは胸式呼吸で行います。また、その呼吸法の違いにより、体の使い方が大きく異ってきます。ヨガは静止(ポーズ)を基本としますが、ピラティスは体を動かすことを基本とします。瞑想などもピラティスにはありません。

ピラティスの効果
脂肪を燃焼させ、身体の歪みを改善します。自然とお腹が引き締まり、スラリとした手脚になります。体力や免疫力の向上、新陳代謝の促進による消化機能、性機能、精神機能の改善が期待されます。

更新日 2017年 11月 23日(Thu)