薬剤師給料求職求人就職転職派遣資格国家試験などの薬剤師情報サイト


薬剤師の様々な疑問について、実際に薬剤師に関わっていらっしゃる方の
クチコミや体験談を集めました。


当サイトのクチコミ情報や体験談が、薬剤師資格取得を目指しておられる方
転職を考えておられる方のお役に立てれば幸いです。

薬剤師の転職
薬剤師とは
原則として大学の6年制薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格した者をいいます。
厚生労働省監修の薬剤師国家試験は、毎年3月末に2日間にわたって行われます。試験問題は全部で240問あり、基礎薬学が60問、衛生薬学が40問、薬事関係法規・制度が20問、薬理学30問、薬剤学30問、病態・臨床薬学60問で構成されています。

薬剤師の仕事
薬剤師法第1条「調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどる」に基づき、単なる医療従事者としての側面だけではなく、環境衛生全般の業務に携わっています。
調剤
薬剤師法第19条により「薬剤師でない者は、販売又は授与の目的で調剤してはならない。」とされています。調剤とは、薬局や病院の調剤所において医師等の処方箋に基づき医薬品を交付することで、これに付随する様々な業務が要求される業務です。
医薬品の製造販売
薬事法第17条により、医薬品の製造販売にあっては薬剤師を置かなければならず、これは医師・歯科医師・看護師・獣医師など他の者が代わることはできません。法令上日本の医薬品供給に不可欠な者であり、この規定から、製薬メーカーでは薬事法の規定で工場ごとに薬剤師を置いています。
一般用医薬品の小売
処方箋による調剤を行う薬局のみならず、調剤を行わず一般用医薬品のみを販売する一般販売業においても、営業時間内は店舗に薬剤師を配置することが薬事法及び薬局及び一般販売業の薬剤師の員数を定める省令によって義務付けられています。